米ドル円の明日はどっちだ?(2016年3月 第5週)為替チャート予測 米ドル円の明日はどっちだ?(2016年3月 第5週)為替チャート予測

米ドル円チャートの推移と見通し201603-5syume

2016年3月の第5週の米ドル円のチャートの推移を予測します。

チャートは第4週目の退けた後です。

左から「週足・日足・4時間足・60分足」となります。

先週までの大きめのチャートと予測はこちらから

米ドル円の月足予測(2016年3月19日)

 

米ドル円チャートの週足、日足は下降トレンドで変更なし

  • 週足は短期EMAの勢いもあり、下降トレンドで変更なし
  • 日足は中期EMAに抑えられていて、ボリンジャーバンドは絞られてきている

 

日足もレンジとはいえ、直近高値は超えておらず、安値も切り下がっています。

なので、大きなトレンドに変更はありません。

ただし、上値がのびる(トレンド転換)可能性もあり、4時間足、60分足を注視したいところ。

その4時間足は上昇トレンド。

しかし、60分足では上昇に陰りが見えるように思える。

個人的には60分足のダブルトップやネック割れが確認できれば売っていきたいところ。

ただし、60分足の陰りはあくまでも主観であり、ダウ理論から言えばまだ上昇トレンド。

国内勢には年度末になりますから、そこでの手仕舞いにも要注意です。

 

日足のレンジ底値付近の買いなら手仕舞いは売りになり、短期EMAをしっかり下に抜ければ、ショート(売り)に勢いがつくのではないでしょうか。

下降トレンドの継続(レンジ下限にアタック)ということです。

逆に、日足の中期EMAを短期EMAが上抜け(ゴールデンクロス)するようなことがあれば、115円手前のレジスタンスを試すことになると予測します。

 

*このブログはあくまで私個人のトレードのメモです。