米ドル円の月足予測(2016年4月5日) 米ドル円の月足予測(2016年4月5日)

米ドル円の月足チャートの予測(USDJPY月足20160405)

USDJPY月足20160405

 

  1. 直近高値は切り下げ、直近安値圏で推移中
  2. 短期EMAのみならず中期EMAも明確に下向きに変化
  3. 前月の3月は、ほぼ中期EMAの下で推移

 

月足のトレンドは下向きで、前月の流れを引き継いでいます。

現在のレベルは過去の重要なラインとなっています。

先ほど(4月5日仲値前ごろ)いちど111円割れを起こしたところです。

ただし、緑色で囲った中期EMAと絡んだところでは反発していますが、今回はEMAと絡んではいないため大きな反発よりも下抜けする可能性が高いように感じます。

 

それでも、2月、3月とサポートされているので、日足レベルであっさり下に抜けるとも思えません。

と、言っても、すでに週足でも4回(日足なら5回)もチャレンジしていますから、そろそろ抜けてもおかしくない状況です。その状況こそがレンジだったワケです。

 

また、緑で囲んだポイントは反発していますが「トレンドに戻っただけ」です。つまり、押し目であったし、戻り高値であったということです。

 

今回は月足レベルで下抜けし、その後、中期EMAが下がってきての「戻り売りのポイント」となる可能性も考えておきたいですね。

 

もちろん、現在の111円割れを見て、再びレンジ上限を試す4月となる可能性も否定できません。

 

同時期の米ドル円の週足チャート予測はこちら

 

(投資の判断はご自身でお考えください)