米ドル円の週足予測(2016年3月19日) 米ドル円の週足予測(2016年3月19日)

USDJPY週足20160319

判断は、下降トレンド中のレンジ期間

  1. 高値を切り下げ中
  2. 短期EMAが、中期EMAをデッドクロスしたまま推移している
  3. 短期EMAが、長期EMAをデッドクロス
  4. 長期EMAが下降に転換
  5. ボリンジャーバンドが拡大中

 

ターゲット

  1. 週足レベルのサポートライン(110.078円)
  2. 週足・月足レベルのサポートライン(105.405円)

短期EMAにサポートされている限り強気で臨みたいところですが、あくまでも戻り売りのスタンスです。

とくに現在は、短期EMAから乖離しています。

 

ターゲット1の110.078円を下抜けしたあとの戻り売りからの105.405円(ターゲット2)までなら5円弱となり、そこからの売りエントリーでもリスクとリターンを考えても悪くないでしょう。

そのときのストップは、ターゲット1だった110.078円のちょっと上となります。

 

もしくは、短期EMAまで上昇したら(レンジの上限付近)タイミングを見てショート。エントリーのタイミングは、日足や4時間足などで上値が重くなったのを確認してからとなります。あくまで戻り売りですからね。

そのときのストップですが、私なら115円のちょっと上でしょうか。幅は少なく損失も限定されます。

 

その上の116円付近にサポートからレジスタンスに変わったラインがありますが、ここを超えれば、また以前のレンジに戻る可能性も高くなります。

深いストップは避けたいと考えます。

116円付近まで戻れば戦略の見直しです。

 

同時期の日足以下の分析はこちらです。